HOME>注目記事>幼い頃に注目したい虫歯リスクを遠ざける方法

気軽に相談ができる

歯科医

豊中市の幼児から注目されているのが虫歯リスクで、予防歯科が相談役になっています。毎日歯磨きをしているし、親としても仕上げ磨きをしているのに虫歯になってしまう声はよく耳にします。歯や口の中の状態は親子でも同じではないので、それぞれの歯や口の中に合った歯磨き方法や、口腔ケアができているかどうかが重要です。予防歯科で注目するのは、1日当たりの含糖食品を摂る回数、口の中に含糖食品が存在する時間、寝る前の飲食習慣です。幼児期は間食の習慣から抜け出すことがなく、1日中よく食べたり飲んだりしていますし、甘いものに執着しやすいのが特徴です。親も甘やかして育ててしまうことがありますし、違和感に気づいても、保育園や幼稚園、学校の授業などですぐに歯科医院に行けないことがあります。だからこそ、自分に合った歯磨き方法などについて、気軽に相談できる歯科医師や歯科衛生士がいることに注目度が高まっているようです。

虫歯の穴なしの治療

治療器具

豊中市の歯科医院では、虫歯治療を中心に医療を提供しています。穴が開いていない虫歯は、ごく初期の虫歯で、この段階では、早期のチェックと適切な口腔ケアが行われれば、健全な歯に戻すことができる特長がありますし、進行を抑えたりすることが期待できます。しかし、実は見た目の問題でなく、エナメル質の内部では脱灰が起こっているので、歯科医院で、早期チェックや適切な口腔ケアが行われなければ、そのまま虫歯が進行、目視できる穴が形成されてしまいます。それに効果的なのが、積極的な口腔ケアで、再石灰化を促進させて、天然の歯に戻してくれます。

穴あきでも治療できる

診療室

一旦穴が形成されてしまうと、再石灰化されたとしても、完全な修復は難しくなります。豊中市の歯科医院では、穴が開いていても気づかぬまま放置して、虫歯が進行した患者さんが駆け込んで来る話しをしています。虫歯の治療は、進行状況により異なり、歯科医師の見極め方1つです。例えば、穴がエナメル質に限局していれば、違和感もあったりして気になるものの、痛みは感じません。治療は、プラスチックで詰める内容です。その進行状況によって、プラスチックや金属で埋めたり、細菌に感染した歯髄を取り除き、かぶせものを装着したりします。天然の歯を大切にしてほしいから、人工にはない噛みごこちを得られます。

広告募集中